ローコストでも建てられるデザイン住宅in横浜 » 横浜市のエリア別からみる住みやすさ

横浜市のエリア別からみる住みやすさ

ローコスト住宅を建てる土地を横浜市内で探している方に向けて、人気エリアの住みやすさに関する情報と土地相場をリサーチしました。

横浜市内で住みやすいと評判のエリア3選

横浜市は中華街やみなとみらいなどが有名ですが、実は観光地よりも住宅地のほうが多くなっています。そんな横浜市内の区域の中から、住みやすさに関する口コミ評判が多かった「港北区」「戸塚区」「都筑区」の情報をご紹介しています。それぞれ土地相場や周辺環境が異なるので、あなたが住んでみたいと感じるのはどのエリアかチェックしてみてください。

横浜市民が憧れるセレブな住宅街「港北区」

港北区は、治安の良さからファミリー層の人気を獲得している高級住宅街です。最も人気の高い日吉エリアには知る人ぞ知る慶應義塾大学があり、学習塾の数も豊富。港北区全体の傾向として、子どもの勉強や習い事に力を入れている家庭が多いようです。

区内には、新幹線、JR線、東急東横線、市営地下鉄が乗り入れているため、どの方面へもアクセスしやすくなっています。横浜市内の中でも土地相場が高いため、「セレブが暮らす高級住宅街」というイメージが根付いているとのこと。港北区にマイホームを建てれば、それだけで1つのステータスでしょう。

リーズナブルな土地相場が人気「戸塚区」

戸塚区は住みやすい街でありながら、人気エリアの中でも群を抜いて土地相場が安いのが特徴です。戸塚駅を湘南新宿ライン快速が通るため、都内の人気エリア(新宿・池袋・渋谷)まで50分かからないという穴場スポット。

また、駅周辺にはショッピングモールやスーパーが多く、遠出することなく日用品からファッション雑貨まで揃えられます。昔は治安が悪い時期があったようですが、最近は家族で移り住む世帯が増え、治安も改善しているようです。

横浜市民が選ぶ暮らしやすい街「都筑区」

都筑区は横浜市民の意識調査で「暮らしやすいまちNO.1」に選ばれた地域です(※2014年度のデータ)。治安の良さ、子育てのしやすさ、買い物の利便性を網羅しつつ、土地相場は港北区よりも安いのが大きなポイント。無理のない予算で暮らしやすいマイホームを建てやすいエリアだと言えるでしょう。

ただし、区内を走る電車は横浜市営地下鉄のみ。横浜市内の会社に勤務する場合は問題ありませんが、都内へ通勤するには少し手間がかかります。

1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選
1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選