ローコストでも建てられるデザイン住宅in横浜 » ローコスト住宅の安さの理由を徹底解明! » 家を建ててからのランニングコストも考える

家を建ててからのランニングコストも考える

本当の意味でローコストな家とは?

最近ではローコスト住宅に対応しているハウスメーカーも増え、高品質ながら低価格で家が建てられることから、消費者の人気や需要も高まっています。

しかし、本当の意味でのローコストな家とは、単に価格が安いという意味だけではありません。

たとえば、もっとも大きな費用として注目されるのは、やはり建築費です。建築費には、設計料や材料費、人件費などさまざまなコストがかかってきますが、ローコスト住宅はそのどこかを削減しているから実現できています。

ここで気になるのは、どこを削減したのかということです。設計料を省くなら自由度の低い規格内の家になりますし、材料費を省くために地産地消の木材を利用しているのなら地球にもやさしいエコ住宅に。しかし、人件費を削減すると、品質を保てなくなったり、監査がきちんとしていない不安な住宅になる恐れもあります。

なぜこの価格で家が建てられるのかということが明確で、納得できるものなら安心できる家づくりになるでしょう。

また、家を建てた後の修繕費や光熱費などのランニングコストを抑えることもローコスト住宅の価値を決めるポイント。

長年住み続けられる丈夫な家や、熱さや寒さを軽減できる断熱効果の高い家なら、住み始めてからの長い年月にかかる費用を抑えられます。

さらに、住む人の健康にも考慮した自然素材でできた家なら、病気になる確率を下げることもでき、毎年の医療費を抑えることにもつながるのです。

このように、家を建てる時だけでなく、住んだ後のコストも抑えて豊かに暮らせる家こそが、本当の意味でのローコスト住宅と言えるのではないでしょうか。

家の性能がその後の維持費を左右する

光熱費を抑えるための機能性住宅

ローコスト住宅と共に人気や需要が高まっているのが、光熱費を抑えることができる機能性住宅やエコ住宅と呼ばれるものです。

光熱費の中でも高い確率を占めるのが、夏や冬などに快適な気温と湿度を保つためのエアコンや除湿器、加湿器、床暖房などの家電製品による電気代です。

いくら低価格で家を建てられても、毎年の電気代が高くなれば、総合的な費用は割高になってしまいます。

機能性住宅で年間の電気代を抑える

そこで、ローコスト住宅に求められるのは、外気の暑さや寒さを遮断したり部屋の温度を一定に保ったりする断熱性の高い壁や窓、日光を効率的に取り入れて部屋を暖める窓、風通しの良い間取り、太陽光発電で電気代を安くする設備などです。

各ハウスメーカーでは、独自の断熱材や工法によって機能性の高い家づくりに努めていますので、ローコスト住宅と言えど、機能面でも妥協することなく、高い機能を持つ家づくりを目指してみましょう。

エコ住宅でローン減税や所得税の控除を受けられる

高機能住宅は価格が高いイメージもあるかもしれませんが、低炭素住宅や長期優良住宅などに認定されれば、住宅ローン減税や所得税の控除などを受けることができるので、長い目で見るとお得になる制度が利用できる機会も増えます。

エコ住宅や省エネ住宅で利用できる補助金もある

ほかにも、省エネ住宅を新築する時に利用できる補助金や、住宅の高断熱や高効率設備、太陽光発電などによって、年間のエネルギー量がゼロ以下となる住宅ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を新築する場合にも補助金が交付されるなど、お得になる制度はたくさんあります。

エコ住宅や機能性住宅にすると、地球の資源を守って温暖化を防ぐことにもつながりますので、これから家を建てるなら、欠かすことはできない要素となってくるでしょう。

健康住宅で医療費を抑える

ハウスメーカーの中には、自然素材を建築材料に利用して、住む人の健康を守る健康住宅を売りにしているところも。

健康住宅というのは、床に無垢材を利用したり塗り壁や珪藻土の壁にしたりと、化学物質の材料を極力使わずに、体にやさしい自然素材をふだんに用いた家づくりのことです。従来の住宅によく用いられる素材には、ビニールクロスやクッションフロアなどの材料に含まれる化学物質や接着剤、ワックスなどがありますが、それらから放出されるホルムアルデヒドが、シックハウス症候群の原因になる可能性があります。

そのため、最近ではそういった化学物質を含まない自然素材による家づくりが注目されているのです。

自然素材を使用した健康住宅はシックハウス症候群を防止

シックハウス症候群の症状には、めまいや吐き気、倦怠感や湿疹、鼻水や目の痛み、咳などアレルギー症状のようなさまざまなものがあり、長く住み続ける家が原因のこともあって、なかなか改善されないという問題がありました。

しかし、自然素材を用いた健康住宅なら、ホルムアルデヒドを減少させることができますし、湿気を防いで風通しを良くすることもできるので、カビやダニの発生も抑えて健康的に暮らすことが可能なのです。

家に住むことで健康になることのメリット

こうした自然素材を用いた家づくりによって、そこに住む人が健やかに暮らせるようになり、シックハウス症候群が原因の体調不良がなくなり、医療費を削減することが可能に。

また、家の中の温度を一定に保つことができれば、冬場の激しい温度変化を避けることができるので、高齢者の健康を守ることにもつながります。

このように、家族全員が健康で元気に過ごせる家ならば、家事や仕事、勉強の能率も上がって、給料アップや成績アップも狙えますし、余暇を楽しく過ごせてお金の面だけではなく、精神的にも豊かな生活を送れるようになるでしょう。

家を長持ちさせるための工夫で修繕費を抑える

家は建てる時だけではなく、修繕やリフォームなどでも費用が発生するものです。

何十年も住み続けていると、どこか故障や異常が現れるのは仕方のないことですが、その頻度を極力減らすことができれば、家にかかる修繕費を大幅に抑えることも可能。

たとえば、外壁の塗り直しや屋根の張替え、床材やクロスの張替え、シロアリ駆除、水回り設備の交換など、修繕が必要になってくる箇所は非常にたくさんあります。

家の修繕費にかかる費用は平均500万円以上

新築の一戸建てに30年住み続けた場合、修繕費には500万円以上かかるのが一般的で、修繕費のために積み立てをしている家庭も少なくありません。

この修繕費を抑えるためには、劣化しにくい外壁や内装の素材で家を建てたり、簡単に補修できる材料を使用するなどの方法があります。

シロアリやカビなどによる劣化は、放っておくとひどくなって修繕に費用もかかってしまうので、特に異常がない場合でも定期的なメンテナンスを行って、早めに補修すれば修繕費を軽くすることが可能です。

そのためにも、メンテナンスや補修の補償が含まれている長期のメーカー保証などがあれば安心でしょう。

建物の劣化を防いで寿命を延ばす

また、建物の構造自体が劣化してしまうと、大規模な補修が必要になってきますので、基礎や骨組みに使用する材料を劣化しにくいものにしたり、結露が発生しにくく湿気対策ができているものにしたりといった方法も有効です。

基礎や構造が長持ちすれば、家自体の寿命も延びますので、ローコストで建てた家であっても、長い間安全に暮らせて、長期にわたって全体的な費用を抑えることができるのです。

家を建てる時には、10年後、20年後、30年後までを見越して、その間にかかる費用も合わせてローコストとなるような家づくりを目指してみてください。

1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選
1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選