ローコストでも建てられるデザイン住宅in横浜 » ローコスト住宅の安さの理由を徹底解明! » ローコスト住宅の秘密2オプションやスペック

ローコスト住宅の秘密2オプションやスペック

ローコスト住宅のオプション料金に関する情報をまとめています。予算オーバーにならないためにオプション料金のからくりを知り、真のローコスト住宅を見極めるポイントを確認していきましょう。

ローコスト住宅に潜む「オプションのからくり」

最近では1,000万円台で戸建てを購入できるローコスト住宅メーカーが増えています。しかし、「オプションのからくり」を知らずにローコスト住宅業者と契約してしまうと、予算を大きく上回ってしまう可能性が高いので要注意!真のローコスト住宅を見極めるポイントをまとめているので、施工業者を選ぶ際にお役立てください。

ポイント1:見積もりの詳細をチェック!

ローコスト住宅を提供している施工業者の中には、仮設工事と基礎工事の費用だけの見積もり金額を打ち出し、家づくりに欠かせない項目をオプション扱いとして後から公開する業者も一部存在します。予算オーバーにならないよう、見積もり金額に提示された金額に以下の料金が含まれているか確認しておきましょう。

オプション扱いになる傾向が高い費用

工事 その他
  • 断熱・遮熱構造
  • 耐震構造
  • 水道工事
  • ガス工事
  • 土地調査
  • オール電化
  • 瑕疵保険
  • 火災保険

ポイント2:追加料金を確認

前もって基礎工事に含まれる内容と基礎工事に含まれない内容の追加費用を確認しておきましょう。気になる項目がオプション扱いになっていたとしてもオプション料金が安ければ予算内でマイホームを建てられます。

ポイント3:建材や設備の質を確認

建材や設備の質も確認しておくのがベターです。「壁や床は断熱素材だけれど、サッシや窓が安物だったせいで光熱費が高くつく結果になった」という事例もあります。省エネを謳っている施工業者だとしても、月々の光熱費の目安や第三者検査を取り入れているかどうか聞いてみるといいかもしれません。

オプションのからくりに騙されない方法

コストを最重要視したいという方は、複数業者に見積もりを出してもらってから比較検討するのが得策です。デザインを省いたシンプルなプランが見つかれば、1,000~1,500万円ほどでマイホームを建てられるでしょう。

また、比較検討の手間を省き、手軽に失敗を避けられる方法として、追加料金が発生しないコミコミ価格のローコスト住宅を選ぶのも1つの手。初めから追加料金が発生しないと分かっているので、自由度やデザイン幅も広がります。最近では、コミコミ価格で1,000~2,000万円のローコスト住宅を提供している業者も増えているので要チェックです。

1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選
1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選