ローコストでも建てられるデザイン住宅in横浜 » ローコスト住宅の安さの理由を徹底解明!

ローコスト住宅の安さの理由を徹底解明!

ローコスト住宅が高品質・低価格で購入できるワケ、様々な世代から人気を集めている理由、本当に安いローコスト住宅を見極めるポイントをまとめています。

ローコスト住宅は高品質なデザイン住宅である

ローコスト住宅はなぜ「高品質」に進化できたのか?

ローコスト住宅は、時代と共に様々なニーズにも応えられるようになりました。無駄を省き、本当に必要なところにお金をかけるのが、真のローコスト住宅と言えるでしょう。そのため、ローコスト住宅と謳う工務店では、広告費や営業コストを抑えた企業努力を怠りません。中にはモデルルームを構えず、自社で建築した入居前の建物を、期間限定でモデルルームとして解放する工務店もあります。お客様との友好的な関係ができているからこそ、協力が仰げるのかもしれませんね。
ローコスト住宅はこういった地道な努力とアイディアでコスト削減を図り、ローコスト住宅のベースを成り立たせるのです。

価格崩壊の2000年代に誕生したローコスト住宅

ローコスト住宅が生まれたのは、日本が経済的に苦しい時期だった2000~2010年頃。所得の低下と比例して様々な物価が下がっていた時期です。ローコスト住宅もまた、この時代の波にのまれて生まれたものだと言われています。「安かろう悪かろう」というイメージが強く根付いているのはそのためです。当時は、建物本体価格1,000万円程度の戸建てがローコスト住宅として取り扱われていました。

登場から20年の時を経て進化したローコスト住宅

ローコスト住宅が登場してから20年近く経過した現在は、建築材料の製造技術が進化し、高品質な建材が次々と低価格で流通するようになりました。そのため、ハウスメーカーや工務店、建築・設計事務所が提供する「ローコスト住宅」にも大きな変化が。建物本体価格ではなく、住宅建築にかかる総額が1,000~2,000万円の戸建てをローコスト住宅として取り扱うようになっています。

ローコスト住宅メーカーが増えている理由

ローコスト住宅メーカーも次々と増えている理由は、老若問わず需要が高いからだと考えられます。

20~30代世代がローコスト住宅に惹かれる理由

2000~2010年頃に比べると経済は落ち着きつつありますが、残念ながら不況から抜け出せたとは言い難い状況です。年収700~800万円が当たり前だった時代とは違い、マイホームを購入するハードルはかなり高くなっています。そんな不況に負けず、「家庭をもって戸建てに住みたい」と考える20~30代から支持されているのがローコスト住宅なのです。

シニア世代がローコスト住宅に惹かれる理由

また定年を迎えたシニア世代が、退職金でローコスト住宅を購入するケースも増えています。「老後は新築マイホームで悠々自適に過ごしたい。けれど、一人で暮らすのに大きな戸建ては持て余す…」というシニア世代の考えにフィットしているようです。

本当に安いローコスト住宅を見極めるポイント

以下では、ローコスト住宅を建築してくれる工務店を見極めるのに必要な、注意すべきポイントをピックアップしているので併せてご確認ください。

ポイント1:ローコスト規格住宅とローコスト注文住宅の違い

ローコスト住宅には、一般的な注文住宅のような「自由設計型」とは別に「規格型」というものが存在します。「規格型」では求める内容によって、安くなるか高くつくか変わってくるので、どちらのスタイルと相性が良さそうか確認していきましょう。

ポイント2:ローコスト住宅のオプションの詳細

打ちだされている値段がどんなに安くても、それがローコスト住宅だとは限りません。後々予算オーバーにならないように、「オプションのからくり」について知っていきましょう。本当に安いローコスト住宅を見つける秘訣も紹介しています。

1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選
1000万円台から建つローコストなデザイン住宅 家族の夢を叶えた横浜の工務店3選